英語の勉強で借金してまで教材のセットを購入したが

昔は教材でお金をすごく使う人が多かったんです。

英語にしろ料理のセットにしろ、キッチングッズの全てを揃えたり、洋服もたくさん揃えて、化粧品も基礎化粧品セットを3つも持っていたり、みんなが自分のやりたいことを一生懸命努力ちたら叶う!という気運と、気力に満ち満ちていて、とどまるところを知りませんでした。

とにかく、頑張ればいいところまで行ける!という、もう、得体の知れない予感と背中を押す風。

何もかもがそういう、喜びの雰囲気で、そんな中借金をする、ということにそんなに抵抗感を感じる人が少なかったように思います。

もし、借金をしても自分は返せるってみんな思っていたし、私ももちろんそうでしたし、実際にすぐに返すこともできています。

その頃は。

私は英語がはやくきちんとしゃべれるようなりたくて、大金で教材を買いました。

そのときはライフでした。

月々返済し続けるものです。

ただ、いくら勉強しても勉強してもその教材ではうまくなりませんでした。

だから、借金よりも、やりたいことが叶わなかったことの方が今も辛く胸に残っています。

最近の教材は、安くてすぐに上達しますから、諦めずにまた頑張ってみて良かったです。

このページの先頭へ