夫が失業して

結婚したてでお金の遣い方がよく分かっていなかったのだと思いますが、夫の夫言うままに旅行や外食などしていました。

独身時代の私は倹約家でしたが夫が言うのだからこれくらい遣っても大丈夫なのだろうと思っていたんですね、結構、浪費して毎月お給料、全部遣っていました。

そんなある日、突然夫が失業してしまいました。最初はせっかく時間ができたんだから旅行に行こう、って言われて夫が言うんだからそれもいいかも、と思って言うとおりにしていました。

夫はのんびりした性格です。でもなかなか夫の仕事が決まらず、生活に行き詰ってしまったため、これだけはお世話になりたくないと思っていた消費者金融からお金を借りることにしました。

10万円借りましたがその月の利子を最初から引かれて9万円台のお金を手にしたとき、これは早く返さなければとあせりました。

私はパートですが仕事が見つかったのですぐ働き始めました。

夜仕事から帰ってくると夫が「お帰り~!」と朝、着ていたパジャマのまま出迎えてくれて、家事も全然してくれてなかった時は情けなかったです。

何でこんな人と結婚してしまったんだろうとギスギスしていましたね。

そのうち夫も仕事が決まり、毎月できるだけ節約して毎月の利子以上、できるだけ多く返済するようがんばり半年ほどで返しました。

最後の返済の月、初めて私が返しに行ったのですが、もう事務所が閉まっていてATMのお金を入れるところが分からなくて、不要の明細書を入れるシュレッダーに入れてしまい、ショックでした。

千円札だったから不幸中の幸いでしたが、そのことは未だに主人にも言っていません。

このページの先頭へ